フィットネス系のYouTubeチャンネル運用・活用事例10選

理想の身体づくりや健康を気にする方にとって欠かせないフィットネス。
筋トレ、フィットネス、ダイエット系のYouTubeチャンネルの登録者数は近年増加傾向にあります。

コロナ禍により、「おうち時間」を過ごす方が増え、太ってしまった方や、ジムに行くのが難しい方にとって、手軽に専門的なアドバイスを受けながら、自宅でも体を動かせるのが、フィットネス系のYouTube動画の魅力です。

配信する側にとっても、同じ動画を繰り返し見てもらえるケースが多く、視聴回数が伸びやすいのではないでしょうか。ただし、筋トレ、フィットネス、ダイエット系のチャンネルは数多く存在しており、差別化が難しかったりします。

こちらの記事では、様々なフィットネス系のチャンネルを10個選出して紹介しています。
是非、参考にしてください。

[toc]

フィットネス系のYouTubeチャンネルの活用について

本格的な筋トレや運動をするには、スポーツジムに通うのが、一番だと思っている方は多いはずです。しかしながら、ジムに行くのが億劫になってしまったり、続かなかったりで、挫折してしまう人も多いのではないでしょうか。

YouTubeチャンネルで配信されている動画は、いつでも自分の好きなタイミングで、楽しみながら一緒に筋トレを行う事が出来ます。また、人気の YouTube動画は、「楽しみながら無料で本格的なトレーニング」を動画を通して受けることができ、「ヘルスケア、ダイエット」に関する専門的な情報を入手することも出来ます。

フィットネス系といっても、多くのジャンルがあり、【フィットネス初心者向けの動画】や【部位別トレーニングの方法】【フィージーク等の大会に関する動画】【企画やネタ系】など様々です。

チャンネル運用の実施者の方にとっては、『だれに、なにを、なぜ、どのように、どんな』を意識したコンテンツを配信していくか。というコンセプトメイクが、非常に重要になってきます。

フィットネス系のYouTubeチャンネル運用・活用事例10選

①ザ・きんにくTV 【The Muscle TV】

【腹筋】最速で腹筋を割る方法&3分半で追い込む7種類の腹筋メニューを実践。初心者の方でも安心して行えるように解説付きです。さぁ、一緒に腹筋を割りましょう。

芸人のなかやまきんにくんのYouTubeチャンネルですが、チャンネル登録者数 191万人(2022年10月現在)で、投稿動画は、フィットネス系が多く、他には、自身がボディビル大会に挑戦するまでのプロセスを配信したり、ダイエットに関する食事、トレーニング等の動画を投稿しています。

「初心者の方へ筋肉講座」や「自宅で筋トレ」「ダイエット、減量食」に関するカテゴリーのコンテンツだけでなく、【ボディビル大会までの道】【アメリカ筋肉取材】【ザ・食いまくれシリーズ】などのシリーズが人気です。

全体的に視聴回数が多いフィットネス系ですが、きんにくんも例に漏れず最も再生されている動画は1,000万回を超えておりその影響力の高さが伺えます。TVやメディアでの露出が増え、再ブレークのきっかけにYouTubeがなったと言えるのはないでしょうか。

また プロテイン等フィットネス関連の自社商品も持っており、YouTubeを販路として活用しているため自身の商品をお持ちの方は、そういった観点からも数多くの参考事例を見つけることができるのではないでしょうか。

②ひなちゃんねる / Hinata Kato

1000万再生されたお腹痩せ成功者続出!1週間で下腹部痩せトレーニング動画!【ダイエット】

ひなちゃんねる / Hinata Katoは、チャンネル登録者数 250万人以上の人気 YouTubeチャンネルです。
フィットネス系の中でも「ダイエッター」という括りで自身のダイエットの成功経験を元に痩せるための方法を投稿しています。

そのため内容は痩せるための筋トレ、有酸素、食事、ストレッチがメインで更に女性の悩みである「脚痩せ」「二の腕痩せ」「美尻」等に特化しています。

そして、なかやまきんにくん同様、拡散力は凄まじく1000万回再生以上が9個、登録者数は258万人(2022年10月18日現在)と登録者の多さもさることながら、YouTube運営で大切な指標である登録者数と再生回数の関係性の構図が非常に良い事がみてとれます。

③b-monster official

新しくなったb-monsterの公式チャンネルです。

ビーモンスターとは、アメリカ ニューヨークでも最先端の格闘系フィットネスで、クラブで踊るような感覚で、楽しみながら本格的なトレーニングが行える、日本に8店舗(銀座、青山、渋谷、恵比寿、新宿、池袋、大阪梅田、名古屋)ある 新しいカタチのボクシング・フィットネスジムです。

前のチャンネルでは、“b-eggs 未来のパフォーマー発掘企画” や “10分間ダイエット【お家でb-monster】”のカテゴリーの動画が人気コンテンツでした。 トレーニングコンテンツだけでなく、【大西翔 ダイエットシリーズ】や、パフォーマーに焦点を当てた動画を多く投稿していたのが特徴です。

④Marina Takewaki

【地獄の11分】マンションOK!飛ばない脂肪燃焼ダンスで全身の脂肪をみるみる燃やす!

【Marina Takewaki】は、チャンネル登録者344万人(2022年10月現在)の人気YouTubeチャンネルです。

コロナにより爆発的にブームとなった「宅トレ」の先駆者で、チャンネル立ち上げ当時はVlog系のチャンネルだったそうですが、途中からトレーニングに特化し徹底することで、現在では宅トレの第一人者的存在となっています。

因みに、なりなさんは既婚者で夫のダーウィンさんがいるのですが、YouTubeをやっていく上での戦略の1つに宅トレチャンネルとしてやっていこうって決めた時、「宅トレ」だから見ようって思ってくれた人に、夫婦チャンネルやカップルチャンネルだと勘違いされたくないという理由からダーウィンさんは徹底して動画には出なかったそうです。

こういった細かい部分でもチャンネル運営において参考になる部分があるので1度そのような視点から見てみるのもいいかもしれません。

⑤なるねぇ【笑けるダイエット】

【効果絶大の足パカソーラン節】スマホ見ながら7分で脚やせ・お腹痩せ成功者爆増

なるねぇ【笑けるダイエット】チャンネルは、登録者数 168万人以上のYouTubeチャンネルです。

自身のダイエット経験を元にした痩せ方の情報を発信するダイエッターですが、先述の「ひなちゃんねる」や「Marina Takewaki」とは若干テイストが違い、【完璧じゃなくていい 今日より可愛い 明日の自分を迎えにいこう なるねぇと一緒に】というコンセプトの元、視聴者の共感を徹底的に意識したチャンネル、動画構成が印象的です。

飾ることなく自分を全てさらけ出しているような印象で痩せたい女性の共感を集めており、たくさんのポジティブなコメントが入るなど、エンゲージメントが高いのも特徴です。

視聴者に徹底的に寄り添った独自のトレーニング法も発信しており、「共感、寄り添い」という観点からも、非常にチャンネル運営に参考になる部分が多々あるのではないでしょうか。

⑥山本義徳 筋トレ大学

【腕立て伏せ】実はベンチプレスよりも大きくなる!?プッシュアップの効果的な3つの鍛え方【大胸筋】

ボディビルダーの世界大会で優勝した経験を持ち、メジャーリーガーをはじめ、数多くの有名アスリートを指導した経験もある筋肉博士こと山本義徳氏の公式YouTubeチャンネルです。

そのためダイエットは勿論ですが、バルクアップ(筋肉を大きくする)に関しての動画も多く、情報の多さ、細かさ等は群を抜いている印象を受けます。

またVALXというサプリやトレーニングギア等を販売しているサービスの監修を行っており、YouTubeをその販売導線としても活用しています。

⑦アクトレブログ

【初級〜上級者】嫌でも割れる腹筋トレーニング!3週間で理想のシックスパック!

元シルクドソレイユアーティストがダイエットやアクロバット等の動画を投稿する 【アクトレブログ】は、登録者数60万人(2022年10月現在)のYouTubeチャンネルです。

フィットネス系のチャンネルの多くが、ダイエット又は筋トレ系YouTuberとして活動しているのに対し、アクトレブログは、元シルクドソレイユアーティストの経験を活かし「超人系」として活動しています。

また 視聴者がダイエット等に挑戦していることから、自身も何か新しいことに挑戦したいということで人生初のフィットネス(フィジーク)の大会に出たり、シルクドソレイユに復帰したりと自身の挑戦する過程もこのチャンネルの魅力の1つとなっています。

⑧ばくばクック

【低糖質ダイエット】卵1個分!ふわっふわの台湾カステラ 牛乳パックで型不要 スフレカステラ

ばくばクックは、一切顔出しをせずダイエットに関するレシピをメインに紹介しているチャンネルでフィットネスというより料理系に近いかもしれませんが、【痩せる料理】に限定していることからこちらを選出しました。

運営者自身が、糖質制限ダイエットで20キロ痩せた経験があり、ダイエットレシピを中心に、食べたいものや食べてみたいものを作って動画にしています。「低糖質レシピ」「おからのレシピ」や「オートミールを使ったレシピ」のカテゴリーの動画が人気です。

また、料理に使用した商品を概要欄に載せAmazonアソシエイトを活用することで広告収益以外のマネタイズをしているようです。

⑨ティップネスチャンネル

ティップネスチャンネルは、大手フィットネスクラブの公式YouTubeチャンネルで、2022年10月現在で登録者数が 8,750人です。

ティップネスでは、「ティップネス・キッズ」「ファストジム24」「ティップネス丸の内スタイル」オンラインフィットネス「トルチャ」など様々なブランドを展開しています。

該当チャンネルの概要欄では、「フィットネスをもっと身近に感じて欲しい!」「運動の楽しさを知ってほしい!」「カラダを動かすことをもっと好きになって欲しい!」そんな思いでカラダが喜ぶフィットネス情報を発信し続けます!との記載があります。

目指せ脚美人!美脚になりたかったらこれ!、最強!美尻エクササイズ、トレーニングマシンの使用方法をご紹介!等のカテゴリーの動画コンテンツを投稿しており、2022年10月現在で合計689個以上の動画を投稿。
YouTubeショート動画も積極的に活用しています。

⑩ズボラストレッチ

【カエル足ダイエット】お腹痩せ&脚やせ太もも痩せるストレッチ

【ズボラストレッチ】チャンネルは、チャンネル登録者138万人の人気YouTubeチャンネルです。名前の通りストレッチに特化したチャンネルで、特に脚痩せのためのストレッチや脚パカの動画を多く投稿しています。

また、運営者はこのジャンルの他の方達と比較すると何か実績があるわけではないのですが、1年で登録者100万人を突破し、登録者数や動画の再生回数は、こちらのジャンルでも、トップクラスのため、マーケティングという観点で、非常に参考になるチャンネルです。

動画タイトル、【太もも痩せるストレッチ】脚やせ骨盤矯正!足痩せ方法【太ももを細くする方法】【内もも痩せ 前もも痩せ 外もも痩せマッサージ効果も○】の動画は、1900万回以上の再生回数を誇り、話題に。

まとめ

特色のあるジムや大手のチャンネルだから再生回数やチャンネル登録者が伸びるといったことではなく、「誰に、何を、どのように」であったり、「何故、そのチャンネルをやるのか」といった目的が非常に重要になってきます。

フィットネス系は市場が非常に広く、上手くいけば再生回数1,000万回を超えるような可能性があるジャンルです。

また商品販売とも相性が良く、個人の方にとっても、広告収益も商品販売も可能な非常に高いポテンシャルを持っているジャンルといえます。

今回の例のように、一概にフィットネスといっても多様な関わり方、可能性があるので是非一度、しっかりとコンセプトメイクを考えてみてはいかがでしょうか。

動画マーケティングメディア ドガTubeのバナー画像

ライアートプロモーションが運営するYouTubeグロースハックメディア【ドガTUBE】はYouTubeマーケティングは勿論の事、動画における企画・撮影・編集・配信・広告・運用についてや業種別の中小企業の活用事例、運用におけるポイントやコツなど、「役に立つ」「為になる」情報を発信するメディアサイトです。