美容整形クリニックのTikTokアカウント活用事例10選

「美容整形クリニックの集患・増患にTikTokを活用するにはどうすれば良いのか?」
「TikTokは美容整形クリニックの集患・増患に役立つのか?」
このようなお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

昨今、縦型短尺動画自体への注目も集まっており、Instagramではリールが生まれ、YouTubeもYouTubeショートに力を入れている様子です。

企業としてもこの流れは無視できないものであり、縦型短尺動画の活用を視野に入れている企業は多いでしょう。中でもTikTokは有力なプラットフォームの一つであり、様々な活用方法が考えられます。

そういった中で、美容整形クリニックの集患にもTikTokが注目されるようになりました。

動画は文章や写真に比べて伝えられる情報量が多いため、患者さんの不安を解決する手段としてとても有効的です。

そこで本記事では、美容整形クリニックのTikTok活用事例を10個選出して紹介しています。
ぜひ参考にしてください。

[toc]

美容整形クリニックのTikTokアカウント運用のメリット

美容整形クリニックがTikTokアカウントを運用する5つのメリットを具体的にすると、

・無料で利用できるので導入のコストがかからない
・動画投稿のため、ホームページなどの文字情報よりも伝わりやすい
・クリニックや先生の雰囲気も伝えられるので、患者さんに安心して来院してもらいやすい
・拡散されればより多くの人にクリニックを知ってもらえる
・患者さんのビフォーアフターなど、視覚的に伝えられる情報が多い

などがあります。

TikTokのアルゴリズムでは開設当初のアカウントでも300回程度はレコメンド表示され、拡散する可能性があります。

そのため時間をかけてフォロワーを集めなくても、コンテンツの質が良ければ、短時間で新規層へのリーチが期待できます。

他のSNSと異なり、フォロワーが多くなくても爆発的に「バズる」可能性を秘めているのがTikTokの特徴であり、活用するメリットです。

TikTokで反応がいい(ウケがいい)コンテンツを作れれば、美容整形クリニックでも一般ユーザーやインフルエンサーのように拡散することが可能となります。

美容整形クリニックのTikTokアカウント活用事例10選

①ドラゴン細井/美容外科医 (@dragonamasora)

渋谷アマソラクリニック院長ドラゴン細井さんのTikTokアカウントです。

美容医療の実態暴露や、人気芸能人の容姿の解説など人気の企画が多くあり、エンタメ要素を入れつつ、タメになる美容整形の情報を発信しています。

ドラゴン細井以外にもアマソラクリニックの美容外科医が多く出演しており、幅広い角度から美容整形の知識を得られる大人気のアカウントです。

@dragonamasora

②富田さくら🌸/美容外科医(@dr.sakura.tomita)

さくらビューティークリニック銀座院長の富田さくらさんのTikTokアカウントです。
先生のキャラクターを活かし、普段は聞きづらい女性、男性の正しい性に関する知識を発信しています。
クオリティーの高い動画が多く、美容外科医でありながら、性事情にも切り込める唯一無二の立場を確立しており、他のクリニックとうまく差別化が図れているのも特徴です。

@dr.sakura.tomita

③二重整形RBeautyCLINIC銀座院👩‍⚕️りぃ先生 (@dr.risakotomita)

RBeautyCLINIC銀座院 (東京)院長りぃ先生こと富田莉沙子さんのTikTokアカウントです。

二重整形のビフォーアフターを中心に、患者さんとのカウンセリングや手術後の様子を実際に公開することで、視聴者にも安心して来院できるような構成になっています。

まあたそさんや浦西ひかるさんなどの有名インフルエンサーを出演させることで認知を広げています。

@dr.risakotomita まあたそ@5mts91 さんの二重整形を担当させて頂きました✨詳しくはまあたそさんのYouTube見てください!#りぃ先生 #二重 #まあたそ ♬ Mangetsuno Yoru – Naoto
@dr.risakotomita

④りき先生@可愛いを作る医師(@dr_riki)

L’or Clinic (ロール)表参道の院長の秋葉凜樹さんのTikTokアカウントです。
端正なルックスと明るいキャラクターを武器に二重に関する様々な情報を発信しています。

動画に出てくる患者さんも若い方が多く、TikTokのユーザー層に上手くハマっており、手術後の患者さんの喜ぶリアクションを公開することで、視聴者の不安を取り除くことができています。

インスタグラムへと導線を組むことで、DMやホームページから上手く集患につなげられています。

@dr_riki スッピンのままこの目元になれる方法は最後に👨🏼‍⚕️✨@SON AMI @コスメ ♬ オリジナル楽曲 – りき先生@可愛いを作る医者
@dr_riki

⑤ゆりこ先生@鼻整形のプロ(@yuriko_hayata)

グローバルビューティークリニック院長の早田悠里子さんのTikTokアカウントです。

過去にはテラスハウスに出演していたこともあって抜群の知名度があり、鼻整形のスペシャリストとして鼻に関する様々な情報を発信しています。

コンセプトを「鼻」に絞ったことで他の形成外科医と差別化できていると考えられます。

コンセプトを貫くことが、TikTokにおいていかに重要か教えてくれる良いお手本です。

@yuriko_hayata 共有から2番目の人がホワイトデーにチョコくれるらしいよ🍫 #鼻#整形 ♬ オリジナル楽曲 – ︎︎
@yuriko_hayata

⑥​​二重整形/埋没法 原田浩光 (@dr.harada.hiromitsu)

Days Beauty Clinic 総括院長 原田浩光さんのTikTokアカウントです。

原田先生は二重整形が得意で、メインコンテンツも二重の患者さんのカウンセリングになります。

カウンセリングの様子は優しい口調で視聴者にもわかりやすく丁寧に解説しています。

術後の顔も見られるため、ビフォーアフターがわかりやすくなっています。

自らが何かをするよりも、患者さんがメインの動画構成にすることで、視聴者の共感を生み大きく成長したアカウントです。

@dr.harada.hiromitsu

⑦💙B-LINECLlNIC 池袋院💙 (@blineclinic_staff)

B-LINECLlNIC 池袋院が運営しているTikTokアカウントです。
患者さんの悩みや不安を解消する、ドキュメンタリー風の動画がメインのコンテンツとしてあります。

他のクリニックと違い、出演者も多く、ショートドラマのように手軽に見れるので、視聴者を飽きさせない人気のコンテンツとなっています。

多くの美容クリニックの動画と一線を画した注目すべき成功例のアカウントです。

@blineclinic_staff

⑧Dr.まーとん【二重整形、クマ取り】 (@nakamasagram)

湘南美容クリニック蒲田院院長の中山昌大さんのTikTokアカウントです。
この先生は二重手術、クマ取り手術、脂肪吸引、糸リフトが得意でビフォーアフターや手術の様子を見せるのがメインのコンテンツとなっています。
施術前のカウンセリングが具体的でわかりやすく、視聴者にも有益です。
また、大学のミスターグランプリで優勝したこともあるように、ルックスがよく、若い女性の視聴者を上手くファン化したことにより、アカウントが成長したと考えられます。

@nakamasagram Tind◯rは10人中9人は偽医者らしいじゃん?#tiktok教室 #tinder #偽医者 ♬ Dear My Friend – Little Glee Monster
@nakamasagram

⑨美容外科医 奥津綾夏 (@dr_okutsu)

新宿TAクリニック院長の奥津綾夏さんのTikTokアカウントです。
こちらは出演者の声を一切出さずアートのような独特な世界観を動画で表現しています。

使用している楽曲と映像がマッチしており非常に手の込んだ映像になっています。
投稿数が少ないですが自分で自分に施術する動画が人気で、投稿数は少ないものの、多くのフォロワーがいるアカウントです。

@dr_okutsu

⑩SBC_NARA(@sbc_nara)

湘南美容外科クリニック奈良院の公式TikTokアカウントです。

こちらのアカウントは施術中の動画だけでなく、先生やスタッフの普段の仕事風景を見せることにより、クリニックの雰囲気が上手く表現できています。

手術やカウンセリングの様子はもちろんのこと、仕事以外のプライベートも動画にしており、視聴者にパーソナルな部分を知ってもらうことで上手くファン化できているため、参考にしやすいアカウントです。

@sbc_nara

まとめ

現在ではクリニックがTikTokによる情報発信をすることが当たり前になってきています。

TikTokは認知拡大に向いている媒体であるため、TikTokで興味を持ってもらうことができたら、他のSNSやウェブサイトに誘導して関係構築を行うなど、他のメディアも併用してうまく使いこなしていくことが可能になります。

「TikTokを運用するのが当たり前」という時代の中で、スタートラインから出遅れないためにも、ぜひTikTokを活用してみてください!

動画マーケティングメディア ドガTubeのバナー画像

ライアートプロモーションが運営するYouTubeグロースハックメディア【ドガTUBE】はYouTubeマーケティングは勿論の事、動画における企画・撮影・編集・配信・広告・運用についてや業種別の中小企業の活用事例、運用におけるポイントやコツなど、「役に立つ」「為になる」情報を発信するメディアサイトです。